トリキュラーの画像
国内でも人気のトリキュラー

ピルもたくさん種類が出てきてどれを服用しようか…と悩みますよね!私も悩んでいたのできっと同じ悩みの方もいると思います。そこで最近国内でも人気が出てきたトリキュラーに焦点をあてて色々と調べてみました!

女性が知っておくトリキュラーの特徴とステロイド併用

トリキュラーは婦人科で処方される、低用量ピルです。とても高い避妊効果を持つのが魅力です。
妊娠しない状態に身体をコントロールする作用があり、女性が服用することで効果を発揮します。トリキュラーには21と28の2種類が存在します。どちらも同じ薬ですが、その内容に違いがあります。
21と28共に、21錠の有効成分を含む薬が入っています。しかし、28にはこれとは別に、7錠のプラセボが同封されています。
プラセボは偽薬のことです。避妊効果のある成分を全く含んでおらず、服用しても身体に影響をあたえることがありません。なぜ、このような偽薬が含まれているかといえば、飲み忘れを防ぐ効果があるからです。
低用量ピルは毎日服用しなければ、避妊効果が得られません。しかし、継続使用する場合には7日間の休薬期間を設ける必要があります。この期間中に服用を停止すると、再び服用を始める頃に、うっかり飲み忘れてしまうことが多くなります。
プラセボを休薬期間中に飲むようにすれば、毎日欠かさず服用する癖がつくというメリットがあります。
副作用が少なく安全性の高いトリキュラーですが、ステロイドの使用中には気を付けましょう。ステロイドは副腎皮質ホルモン剤であり、トリキュラーを服用すると、ステロイドが代謝する働きを抑制してしまう可能性を秘めています。
ステロイドが体内に蓄積されると、副作用が出やすくなるため、危険です。ステロイドは長期連用すると、免疫力が低下するなどの副作用を持っています。
副腎皮質ホルモン剤は、プレドニゾロンという成分名で、ニキビ治療薬にも含まれています。トリキュラーの服用を望む女性は、婦人科医にステロイド使用について、よく話し合っておきましょう。