トリキュラーの画像
国内でも人気のトリキュラー

ピルもたくさん種類が出てきてどれを服用しようか…と悩みますよね!私も悩んでいたのできっと同じ悩みの方もいると思います。そこで最近国内でも人気が出てきたトリキュラーに焦点をあてて色々と調べてみました!

30代で緊急避妊薬がNGなら避妊失敗はトリキュラー

トリキュラーは、日本で最もポピュラーな低用量ピルですが、生理期間を除いた毎日服用する必要があるので飲み忘れてしまうと避妊効果が得られないことがあります。

そのため、定期的に服用してい区のが望ましいのですが、中にはそれが面倒だったり飲み忘れる回数が多すぎて服用をやめてしまう人もいることでしょう。

しかし、服用をやめたからといってすぐにトリキュラーを捨ててしまうのは少し待った方が良いでしょう。
実は、トリキュラーはセックスで避妊に失敗した場合、アフターピルとして代用できることがあるのです。

本来、避妊に失敗した場合には医療機関などでアフターピルを処方してもらうのが一般的です。
ただ、低用量ピルを処方してもらっている場合や30代以降で喫煙習慣のある女性は処方してくれないこともあるとされています。

その場合、第2世代と呼ばれているトリキュラーは緊急避妊薬として代用してみるのも一つの手段です。

セックス後、72時間以内にトリキュラーを4錠服用して、その後12時間後にまた4錠服用することで妊娠を回避できる可能性が高くなります。

また、100%妊娠を避けられるというわけではないことと、通常のトリキュラーの一回に服用する量よりもはるかに多い量を服用するために、吐き気や嘔吐などの副作用が強くなる可能性があることを把握しておきましょう。

あるいは、少し乱暴な方法ですがもしトリキュラーの服用を続けていた場合でたまたま翌日の2錠目をまだ飲んでいなかった場合には服用を中止することで生理をこさせて妊娠を回避するという方法もあります。

長い人生であれば、避妊に失敗することも十分にありえますが、きちんと対処しておかないと責任をかぶるのは自分自身になってしまうので、何が起こってもすぐに対処できるようにいつでも対策を整えておくのが良いと言えるでしょう。